この様な事が起きていたとは信じられない所もあったが

ハリルホジッチ前監督の解任に追い込まれたのが「コミュニティケーションが合わなくなった」と言われているがアジア最終予選の時に異常に気がつかなかったのか不思議な感じもしていたが選手との議論した事でスタメン出場など出来なかった選手もいたと言う。

今回のベルギー遠征にもこうした選手を選ばなかった事で試合だけではなく普段のコミュニティが合わなくなったと言うが引き金となったがあるスポーツ新聞の1面ではこう書かれていた。

それが「独裁」と言うがつまり日本のサッカー協会には指示を従う事はなく監督独自で行動してきたという事になるが選手もこの監督に指示を拒むとスタメン出場だけではなく代表には選出されないという事もあった。

Jリーグの視察に行っても納得する事がなかったと思うが海外サッカーで活躍している選手を中心に選出をしていた事でこうした不満が出たと思われているが我慢しないで訴えをしても良かったがそれでも嫌った事でこの様な事が起きていたという事になる。

新監督には内部からとなったので西野新監督になったと言うがロシア大会まであと2ヶ月となった今は急ピッチでチーム作りをしなければならない所もあると言うがこれがコミュニティケーションが良くなると活気も出てチームが活力が出るという事になるがどう戦略するのかここからだと思う所だという事になると感じる。

どのような形で選手を選ぶのか変わる事もあると感じられている所もあるが実績は出していると思われている。

サポーターからも心配する声もあるがここから大事になると感じられているのでどう戦略をするのか西野新監督の腕に期待をしていると感じているのです。

この様な事が起きていたとは信じられない所もあったが